正しい保湿化粧品の利用法

保湿化粧品の使い方

保湿化粧品は、お肌を美しく保つためには欠かすことができない潤いをお肌に与えてくれるものですが、いくら保湿化粧品を使用しても、その使い方を間違えると効果を十分に得ることはできなくなってしまいます。したがって、保湿化粧品を使用する時には、お肌を痛めないように正しく使用するようにして下さい。
もし今まで保湿化粧品をコットンで叩き込んでいたり、肌の上を滑らせていたのであれば、その使い方は間違いなので、今日から正しい使い方を学んで、保湿化粧品を使うようにして下さい。自分では優しくしているつもりでも、お肌はとてもデリケートなものなので、下手な使用方法ではお肌に大きなダメージを与えている場合があります。
お肌の表面というのはとても傷つきやすく、せっかく保湿をしたつもりでも水分が逃げてしまう原因になるのは、お肌にダメージを与えているからなのです。したがって、お肌を傷めないように優しくケアをするように、保湿化粧品を手のひらにとって、さっと顔に馴染ませるようにして下さい。馴染ませた後の仕上げは、中指と薬指の腹を使って、血行とリンパの流れを意識するように、顔の内側から外側に、下から上に行うようにして下さい。この時にバシバシ叩いたりこすったりすることはやめて、優しくケアすることを心掛けて下さい。正しい保湿化粧品の使い方を覚えることで、美肌を手に入れることができようになるのです。

その他のコンテンツ