正しい保湿化粧品の利用法

保湿化粧品の有効成分

保湿化粧品の有効成分として知られているもので有名なものと言えば、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドですが、その他にも保湿化粧品に含まれる有効成分はたくさんあるので、ここではその他の保湿化粧品の代表的な有効成分をいくつか紹介してみたいと思います。
アミノ酸は肌本来が持っている潤い成分で、肌にハリと弾力を与えているコラーゲンもアミノ酸からできているものなのです。アミノ酸をしっかり補うことは、肌に潤いを与えることになり、アミノ酸はお肌のターンオーバーを円滑にする働きも持っているのです。
エラスチンとは、真皮にもともと存在している成分で、肌の弾力を支えて保湿作用も持っています。エラスチンもコラーゲンなどと同じく加齢と共に体内から減少していく成分なので、外部から摂取することが必要になります。
ビタミンCは広く知られている成分で、肌のハリを保つ働きや、ニキビを予防する働きも持っています。さらに抗酸化力が強くて、ストレスや紫外線などを排除する働きも持っています。
イソフラボンは女性ホルモンに近い作用をする成分で、皮膚の老化を防ぐ働きがあって、皮脂の分泌が促されて、肌に潤いを持たせる効果を持っています。その他にも保湿化粧品には様々な保湿に有効な成分が含まれていて、お肌を若くキープしてくれるのです。

その他のコンテンツ